カルシウムウエハース~サプリというより完全なお菓子感覚で

カルシウムが300mgもとれる!

カルシウムウエハースはお菓子感覚なのですが、サプリメントです。

カルシウムが300もとれるので、完全なカルシウムサプリメントと言えます。

日本人の子供はカルシウムがかなり不足しているといデータが行政から発表されていて、300という数値は満足のいくレベルです。

小中学生であれば、大まかに言えば800~1000くらいが推奨の分量なので、そのうちの300をとれるとなれば、かなりの量ですよね。

おいしいのでお菓子として食べる感覚

実は今、私自身の子供に食べさせています。

と言っても継続的ではなく、日頃の献立などを勘案しながら、

  • 最近、カルシウムが不足している感じだな

と思ったタイミングで「今日はウエハース食べていいよ」という流れで食べさせています。

あくまでもお菓子感覚です。

香料とか余計なものが入っているので毎日食べさせるみたいな感じではないですね。

ただ、味がまとまっていてとてもおいしいです。

なので私自身も時々カルシウムが気になる時は食べるようにしています。

32Kカロリーで使いやすい

そんな感覚で使えるのも、カロリーが1本32kカロリーと低く抑えられているからです。

子供の身長を伸ばすのであれば、太り過ぎは禁物。私の子供はやや太りやすい感じなので、カロリーもしっかり管理する必要があります。

なので、お菓子もむやみに食べないように本人も頑張っているのですが、そういうケースでも32kカロリーなのでコントロールしやすいんですよね。

1本がそこそこの大きさなので一定の食べ応えも得られるので重宝しています。

ビタミンDも1.5mcg

ビタミンDも入っています。

カルシウムの吸収を助けるための配合だと思いますが、1.5も入っているのでかなりの量です。

欲を言えばマグネシウムが入っていてくれるとうれしいんですけどね。

おいしいウエハースを食べてる感覚でしかないのに、知らずに栄養をとれているという便利なアイテムです。

食べ過ぎは禁物

カルシウムウエハースはとにかくおいしいので、ついつい何本も食べてしまいがちです。

でも、それはカルシウムの摂り過ぎに直結します。

1本で300なので、3本も食べてしまえば900!

およそ1000mgですね。

そうなると、小中学生の推奨の分量に到達してしまいます。

牛乳やチーズなど普通に食事からもカルシウムはとれるので、カルシウムウエハースだけで900もとってしまうのは採りすぎになります。

他の記事でも触れたのですが、カルシウムはとりすぎると逆に排出されてしまうので、結局は意味がないというか、マイナスになってしまいます。

味がおいしくて食べやすいだけに、これについては注意が必要です。