ノビルン~ボーンペップ、カルシウム、マグネシウム!

ボーンペップが高配合!

ノビルンってボーンペップが300も入っているんですね。(前からそうでしたっけ?)

ここまでボーンペップが配合されてるとなると、一定以上の効果が期待できると感じます。

いろんなサプリが、「いろんな成分や原料を配合ー!」なんて謳っていても、実際は大した分量が入っていないので、結局は効果はそこまで見込めないってパターン、かなり多いですよね。

ノビルンのボーンペップ配合量はかなりのレベルだと思います。

マグネシウムも100以上とれる!

ノビルンはマグネシウムが102mg入っていて、この部分も注目すべきポイントです。

カルシウムが成長期に必要であると注目されるのであれば、その吸収に関与しているマグネシウムももっと注目されるべきですよね。

カルシウムを配合している成長期向けのサプリってかなりありますが、マグネシウムの配合量をここまで高くしているものって意外と少ないです。

というより、100mg配合しているのは、ノビルンだけじゃないですか?

行政のデータを見ても、マグネシウムも不足している子供が多いので、マグネシウムの配合量にこだわりを感じるサプリは貴重だと思います。

牛乳にまぜるタイプじゃないのも良いですよね

成長期向けのサプリって牛乳に混ぜるタイプが多いんですが、ノビルンはラムネ味のタブレットタイプ。

最近、チョコ味も新発売されたようで、こちらも興味がわきますが、いずれにしても子供が食べやすいスタイルになっています。

こういうのって大事ですよね。

食べやすさにこだわると、サプリとしては入っていない方が良い成分を入れることになったりするわけですが、でもそれはそれでしょうがないと思います。

成長期の子供にとって食べやすくないと継続できないですから、その部分にこだわって商品化するのは大事なことだと思います。

牛乳に混ぜるタイプをディスってるわけじゃないですが、単純に考えて、タブレットタイプと比べれば確実に手間はかかりますからね。

それだけ、タブレットタイプだと手軽だし、お菓子感覚で食べられるのは魅力的だと思います。

全ての成分がパッケージに表示されている姿勢が評価できる

成分画像出典:ノビルン公式サイト

ノビルンの公式サイトによると、すべての成分が製品のパッケージ裏に掲載されているようです。

同じく、公式サイトにも掲載されています。

(なぜかマグネシウムが抜けている状態なんですが、それはおそらく掲載ミスなんだと思います。)

こういう姿勢って評価できますよね。

成分って載せたがらないんですよね、こういう商品販売してる会社って。

電話で聞いても答えない、とい対応してくる会社もありますしね。

そんな中、ノビルンはその真逆の姿勢なのでかなり好感が持てますし、信頼できますよね。

ノビルンのネットでの言及

ノビルンの魅力は、マグネシウムがたっぷり配合されていることだと思うんですが、それについて言及してるサイトって意外に少ないです。

カルシウムの吸収にマグネシウムが必要ってことは当たり前のことなのに、カルシウムとかボーンペップとかばかりが着目され、マグネシウムの豊富な配合量に触れてないのはなぜ?って思います。

身長を伸ばすために何が必要かについての捉え方にズレがあるのかななんて感じました。

ラムネテイストになっていることは多くのサイトが取り上げていました。

これって大きなポイントですしね。

どんなに良いサプリでも、子供が継続できなかったら全く意味ないですからね。

カロリーも大して高くないレベルにまとまっているんで、食べやすさを優先して砂糖を配合することはメリットとして捉えるべきだと感じました。

他の多くのサイトの意見に賛成です。

ボーンペップとオリゴミルの効果に賭けたいのであれば良いかも

成分的にはミロと大差ない感じ

配合成分を見てみると、

  • カルシウム
  • ビタミン

がとれるカルシウム&ビタミンサプリという感じです。

なので、正直、ミロと大差ないなと思います。

セノビックにお金出すなら、よりお手頃な価格で手に入るミロの方が全然良いと思います。

ミロもセノビックも実は既に試したことがありますが、味的にもミロの方が子供にとっては自然な飲みやすさを感じられるサプリに仕上がりかなって思うんですよね。

もちろん、そこは人それぞれの感じ方なのですが、コーヒー牛乳が子供にとって飲みやすいというスタンスであれば、ミロの方がそれに近いかなという印象は正直あります。

ボーンペップとオリゴミルに賭けたいのであれば良いかもです

ただ、ミロと大きく異なるのはボーンペップとオリゴミルが配合されているという点です。

ペプチドはたんぱく質の状態より吸収されやすいのが特徴です。

肉や魚のたんぱく質の状態だと、まず消化の工程があり、その後に吸収となるわけですが、ペプチドはより吸収されやすいメリットがあるようです。

詳しくはいろいろチェックしてみてください。

要は、プロテインドリンクを飲むより、BCAAで摂った方が吸収されやすいって事と同じですね。

そういう意味で、ボーンペップやオリゴミルが配合されているのは良いと思いますが、基本的に少量であれば、そこまでの影響はないと思います。

それよりも、消化器官が正常に働くよう体調を整えたり、一定以上のたんぱく質がしっかり吸収されるよう日々の摂取量をしっかり管理するなどした方が効果的かなとは思います。

ただ、一通り取り組んでいて、さらなる効果を求めたいというのであればボーンペップやオリゴミルが入っているセノビックココアを試すのは理にかなっていると言えるかなって思います。

セノビックココアについてネット上での言及

セノビックココアに関して取り上げているサイトはそれほど多くないなという印象です。

おそらく、ロート製薬がアフィリエイト案件として出していないのではないかと思います。

ただ、一部、取り上げているサイトもあるので以前は案件として出していたかもしれません。

内容的には、やはりボーンペップやオリゴミルが配合されているということがアピールポイント的に扱われています。

でも分量と効果の関係について言及しているサイトは少ないですね。

単に配合されているって事実だけを、効果に関係なくアピールしているという印象を受けました。

まあ、基本的にはあまり信用できないサイトが多いなというのが相変わらずの感想です。