Widerジュニアプロテインでたんぱく質補給!

お肉嫌いにオススメ たんぱく質摂取の機会損失を防止!

以前の記事でアスミールを活用してお子さんの身長を1年で9cm伸ばし、今も取組みを継続している他サイトさんを紹介しました。

その中で書かれていた専門医の提唱内容、自分としてかなり響いたというか、大きな指針の一つとして捉えるようになっています。

そうなると4つの栄養素のバランスを整えることがかなり大事だと感じるようになったのですが、子供向けのサプリってカルシウムに着目しているものが多いですよね。

でもたんぱく質の摂取量ってかなり大事だと思うんです。特に肉や魚、牛乳などが嫌いという子供にとっては。

肉や魚、特に肉が大好きっていう子供は正直心配ないと思うんですよね。

そういう子はむしろ脂質の摂りすぎに着目したりした方が良いくらいであり、たんぱく質はかなり豊富に摂れてると思うんです。

でも、そういうタイプの子供ばかりじゃないですからね。

うちの子供もそこまでお肉好きじゃないですし。

そうなると俄然注目したいのがジュニアプロテインです。

プロテインって聞くと何か特別な薬っていうか、ボディービルダーとかアスリートとかが飲む特殊なサプリっぽく聞こえたりしますが、実は単なるたんぱく質の補助食品です。

なので肉が嫌いだったり魚が苦手だったりする場合のたんぱく質不足を補うのにうってつけのサプリなんです。

1食分で8.4gのたんぱく質がとれますし、牛乳が苦手でなければさらに牛乳からのたんぱく質も同時に摂れるので、それこど、普通に食事したときにとれるたんぱく質の量と同じような水準になります。

こうなると肉や魚が嫌いだったり、朝食欲がない子供でも、手軽にたんぱく質をとることができることになります。

意外とたんぱく質が足りてない子供って少なくないと思うので、そういう場合にはジュニアプロテインはうってつけだと思います。

カルシウム、多すぎません?

たんぱく質だけでなく、カルシウムも豊富に含まれています。

1食分で500mg。かなりの量ですね。

ちょっと多すぎません??って思うのは私だけでしょうか?

お役所のデータによるとカルシウムって不足している子供が多いようなのですが、それでも1回に500となると結構な量です。

他にチーズとか牛乳とかしっかりとれてる子供にとってはやや多すぎるような気もします。

12歳~14歳の男子でこそ1000mgとなっていますがそれがMAXで、それ以外の年齢では男女とも800未満となっているんですよね。

カルシウムはマグネシウムもしっかりとらないとカルシウムの摂取過剰となり逆にカルシウムが体外に排出されるという現象が起こるようなのでとりすぎには注意したいところです。

ただ、たんぱく質同様、カルシウムも不足気味の場合にはかなり強力に摂取することができるので上手く利用できる方にとっては強い味方となると思います。

ビタミンB群も豊富

ジュニアプロテインって今回初めて栄養成分をしっかりチェックしてみたのですが、たんぱく質だけでなく、ビタミンB群も豊富なんですね。

これには結構びっくりでした。

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ナイアシン(ビタミンB3)
  • 葉酸(ビタミンB9)
  • パントテン酸(ビタミンB5 )

ここまで豊富であれば、他の子供向けサプリを使っている場合でも、ジュニアプロテインにメインを変更するってことも現実的な選択肢の一つとなり得ると感じました。


出典:Widerジュニアプロテイン公式サイト

ジュニアプロテインに関するネットでの言及

やはりプロテインという名称が引っかかる方が多いと思います。私自身も同じような感覚を持っていました。

ただ、プロテイン=たんぱく質であり、単なるたんぱく質のサプリなんですよね。

プロテインは子供にはまだ早いというのであれば、そもそもサプリは子供にはまだ早いということでもあります。

確かにサプリを子供にとらせるのは私自身も積極的にはなりたくないと思っていますが、ただ、成長期に必要な栄養素を食事だけでとり切れないのも事実です。

そういう観点から限定的に、且つ、現実的な判断をするという意味合いでとらせようかと検討している方がほとんどだと思います。

(中には子供のころからサプリをとることに抵抗を全く感じない方々もいるかと思いますが)

なので、プロテインは単なるたんぱく質の補助食品であることをしっかり認識したうえで、自分の子供に必要かどうかを判断するというスタンスが望まれるのかなと思います。